« 低血糖時にワンコが活躍 | トップページ | 食後の血糖値で迷う »

2020年1月22日 (水)

そんなインスリンがあったら❤

 07374ce9b5e901a06032dcc95bf15a02_s-1

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のバイオエンジニアらが、低血糖を起こすおそれのない新しいタイプのインスリンを開発したと発表したそうです。
この「スマートインスリン」には、血糖値が正常域まで下がると細胞にブドウ糖を取り込まない機構が組み込んであるため
低血糖を起こさない仕組みのようです。

発表されたのは将来の臨床試験に備えた研究で、このインスリンの開発に成功すれば糖尿病治療を大きく変えることができるという記事でした。

体が自然にインスリンを産生しない1型糖尿病の場合、インスリンを体外から注射することで血糖値をコントロールする訳ですが、インスリン療法を行っている人は高血糖の改善と同様に低血糖を避けることも重要な治療です。

低血糖になると、空腹感、脱力感、冷や汗、ふるえ、動悸などの症状が現れる。重度になると意識障害、けいれんなどに至り、極端な場合には死に至ることもあるのですから。

上記に関連した情報として、米国の研究では血糖値の厳格なコントロールを行ったグループとゆるやかなコントロールを行ったグループでは、厳格なコントロールを行ったグループの方が脳卒中や心筋梗塞などの心血管死の割合が上昇することが示されていました。この原因として考えられるのは、重症の低血糖が関わっていると。

私も度々思いがけない低血糖に悩まされています。

低血糖にならないインスリンがあったら本当に助かります。是非とも研究が進んで日本の糖尿病のインスリン治療にも生かされる日が来ますように

« 低血糖時にワンコが活躍 | トップページ | 食後の血糖値で迷う »

1型糖尿病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低血糖時にワンコが活躍 | トップページ | 食後の血糖値で迷う »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

1型糖尿病

人気ブログランキング順位